tamalog

Output and input from 1998 to 2010
このウェブサイトは、2010年末で更新を終了し http://tamalog.me/ に移行しました。
Main
<< 次世代デジタルビデオから垣間見た世界と未来 日本の原風景シリーズ「NHK 映像詩 里山II・命めぐる水辺」滋賀県高島市針江地区 >>
契機は2011年かもしれない


2011年に地上波アナログ放送が終了した結果、デジタルハイビジョン放送は、2014年のメディア社会を映像化した作品、EPIC2014におけニューヨーク・タイムズ誌のように、金持ちと老人のためだけのメディアになるという説がある。その従来の放送番組の代わりに、youtubeやニコニコ動画に投稿された映像を見るようになるという。いまでこそ権利問題やクオリティが低いこれらのインターネットを使ったメディアは劇的に変化し、若年層を中心に急速に市民権を得るようになるのかもしれない。

契機は2011年かもしれない。
その結果、なにが起こるのか。

CMを基盤とした民放の無料放送インフラが徐々に機能しなくなり、CMの広告収入がゆるやかな崩壊を始める。事実1990年代初頭にヒットしたテレビドラマは平均的に視聴率20%〜30%台を獲得していたが、2000年を過ぎた頃から、最大でも13%程度まで落ち込んでいる。これはメディアが多様化したことが原因だというのが通説だけども、この状況が2011年以降劇的に変化する可能性を持っている。現在、CMによる広告収入に利益の大部分を追っている大手広告代理店は根本的なビジネスモデルの転換を求められるかもしれない。その結果、多くのマス・コミュニケーションが変化せざるをえなくなる。そんな未来も、ちょっとウソではないなということを垣間見ている気がする。

その果てになにが起きるのか。

youtubeへの違法アップロードの議論を見るよりも前に、著作権制度はデジタル技術の本質についていけていない為に抜本的な改革を求められる。<2002.12.25 NHKスペシャル 変革の世紀第三回「知は誰のものか」>その対応策の一つとして<クリエイティブ・コモンズ>という動きが始まっている。

マス・コミュニケーションにかわって、ブログに端を発した個人メディアから得る情報が個人の購買行動・ライフスタイルに大きな変化を与えていくのかもしれない。<2007.02.16 新しいテレビです

更にそれが個人のライフスタイルを定義していくとすれば、必然的に政治のスタイル、資本主義(経済)、民主主義(政治)にまでメスを入れていかざるをえないのではないか。というのが<2007.05.13 アルビン・トフラー「第三の波」1980年>という本に書かれていたことであると思う。


15世紀ヨーロッパで起きたグーテンベルクによる活版印刷技術によって、当時ラテン語でしか写本されていなかったキリスト教の聖書を「大量に」印刷できるようにした。それを一、地方言語に過ぎなかったドイツ語に翻訳して出版したマルティン・ルターによって(大衆が、ラテン語の読めるローマ教会の司教を通さずとも誰でも読めるようになったので)宗教改革が起こり、ローマ・カトリックからプロテスタントが派生し世界が激変したことは、メディア論の世界では常識だけども、15世紀の活版印刷技術に対応するものが20世紀のインターネットだっていうのは、ずいぶん前から言われていることである。
| 情報デザイン・メディアデザイン | 01:17 | comments(0) | - |