tamalog

Output and input from 1998 to 2010
このウェブサイトは、2010年末で更新を終了し http://tamalog.me/ に移行しました。
Main
<< 村上春樹のエルサレムでの演説 ”Always on the side of the egg” ブログを書く時間が無い問題 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
選択式にっぽん
去年のある一時期、一番欲しかったものは、すべてお金では買えなかったときがあった。お金で買えるって、どういうことだろう?

江戸時代の遊郭には、なにか非常に憧れるものがある。遊郭の場合は、現在の風俗とはまったく違い、女性側に拒否権みたいなのものがあって、お金のやりとりは前提だけれど、関係性にきわめて恋愛に近いものがあったのだって。愛情をお金で買うことは、究極のパラドックスだと思う。つまり、それが現在は存在しないっていうか、お金のやりとりのみになっているというつまらなさ。

どんどん記号化している。
すべてが交換可能という前提のつまらなさ。
選択することしかできないことのつまらなさ。
恋愛も選択式になっていることのつまらさな。
仕事も選択式。キャリアも選択式。
そんなものはまとめて洗濯しちまえ(笑)

恋愛も選択式なのだ。結婚式とか、もう、最悪。結婚式屋と式場儲からせるだけの仕組みになってるところが。クリスマスにバレンタイン。挙げ句の果てには恋愛していないとやばいんじゃないかっていう恐怖感。あおるあおる。あおっている当事者ですら、あおられているという本末転倒な状況。紋切り型を、いちいち言ってるときりがないけどさ。

そのつまらなさに気が付くきっかけって、人それぞれいろいろあるんだろう。今日出会った京大生のチベット研究者は、それを「チベットで出会った僧侶がお祈りしているのを見て目覚めた」と言っていた。祈りが、力強かったんだって。すごく自分がひ弱に思ったって。つまり、資本にまみれた世界観から、チベット仏教を見たときの強烈なショックが。相対的にギャップが大きかったわけだ。

それって僕の場合は若仲の絵に出会った時だね。僕がいままでやってきた仕事は、多かれ少なかれ、資本主義のくくりにおいての、価値のやりとりの中での、つまり大量生産大量消費システムの「ための」製作技術でしかなかったことに、そのとき決定的にうちのめされたのね。

チベットの僧侶の祈りの力強さって、そりゃあ当然ですよ。
キューバ独立の意志の強さって、そりゃあ当然ですよ。
江戸時代の日本画のが、いまのデザインより美しく感じるのも当然ですよ。

そんな選択式の世の中で「お金を稼ぐ」ということに最適化すれば、そりゃあ稼げるだろうよ。一晩の麻雀で家賃が稼げるらしい。それができるスキルが凄いのだが、三人でグルになって、金持ちをカモるという素晴らしい戦法らしい。

で、・・・・アメリカの政府って、つまりそういうことでしょ?
カモる相手は金持ちではなくて、その反対側ってところがミソですが。

結局、「なにを至上のもの」とするか

エーリッヒ・フロム「愛するということ」なんかそれにぜーんぶ書いてあった気がする。如何にして生きるかという基本的概念が。愛とかって綺麗事としてしか、それまでは認識していなかったんだけどね。やっぱり、価値交換手段として、基本中の基本なのだよね。その場合、価値「交換」ではないのだけれど「価値循環システム」とでも言おうか。それは、どう返ってくるかを、想定してはならないという大前提があって。

その上で「与える」。

その本の中で、親子愛、兄弟愛、恋愛、みたいに、項目が定義されている。すごいね、ユダヤ人てのは。フロムはやはりユダヤの民なのですよ。だからこそ、愛というものを、そこまで考えるにふさわしい民族だと思う。ユダヤ人てのは最も愛という概念がいま、必要な民族なんじゃあないですかね。だから、村上春樹の演説でエーリッヒ・フロムを思い出さざるをえなかった。

チベットには、それがあふれてるのかな。ダライ・ラマ14世の魅力って、まさにそこだものね。

岡崎吉村医院の吉村先生がやばいなーって思ったのは、出産もまた記号化されてるってことを、商売ベースで紋切り型でアルファベットだって言い切ってるとこなのだよね。

アレックス・カーは、日本の住宅に、文化に、それを言っているわけでしょう。
宮崎駿は、風の谷のナウシカで、いわゆるところの生物多様性に、それを言っているわけでしょう。
ミヒャエル・エンデはお金に対して、つまり交換経済に対して、それを言っているわけでしょう。
水戸岡鋭治は、工業デザインに対して、それを言っているわけでしょう。

現代生きているか、死んだ直後くらいの人で「すごいなーっ」って最近思う人は、みな、そういう共通の同じ未来を見ているのだよね。その未来感を共有している人が、いまもっとも素敵だなあと思うわけで。

僕はまずはそれを一個一個実践していきたい。家づくりはその最初の最初の一歩だ。
| 無意識の意識化 | 05:43 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 05:43 | - | - |
突然失礼いたします!

tamachanさんの経歴にすごく興味をもったのでコメントしてみました!

大阪の大学に通う学生なのですが、NPOを立ち上げてこれから
イベントの運営に取り掛かっていたりなどの活動をしています。

ブログを拝見していて、色々と詳しくお伺いしたいなと思ったのですが、
良かったらぜひ一度お話しさせていただけないでしょうか?

お手数をおかけいたしますが
どうかよろしくお願いいたします。

突然のメール失礼いたします。
| レイ | 2009/02/28 2:34 AM |
そうですか。詳しくはこちらにご連絡いただけますか?
tama@sustena.org
| tama | 2009/02/28 10:51 AM |