tamalog

Output and input from 1998 to 2010
Main
<< 世界を駆け巡ってきた文様であるからこそ、普遍性があり、今見ても新しく見えて、美しい。 情報発信主義宣言 >>
社会起業家という言葉が嫌いなんだ!


社会起業家が集まるという「横浜ソーシャルベンチャー・ナイト」では大変有用な気づきを得た。

なんていうか、これから社会起業家を目指すとか言っているやつが、学生時代に世界を放浪していて、これこれなにがしの問題を発見したから解決しようっていうストーリーを描いてしまうのは、もはや痛々しく僕は思うね。2002年くらいにそういうことを言っていた人達にはオリジンを感じたけれど。もはやフォーマットの上に乗っからねばなにもできないと言っているに等しい。

その社会起業家なるキーワードを最初に見たのは2002年頃のHOTWIREDのページでだった。その発信者であるETICはいつまで同じことを繰り返すんだろうか?もはや社会起業家シールを発行すればいいって段階は過ぎたのではないだろうか。社会起業家という言葉で彼らを記号化してしまうことは、あの時点では大変有用なことであったかもしれないが、もはや時代は変わってきている。社会起業家なる言葉が作り出された背景に、どこか選民思想を感じてしまうのは僕だけだろうか。

社会起業家という言葉が嫌いな人はけっこう多いのではなかろうか。社会起業家自身は大変意味のある活動をしているとしても、周りの人間がそれをあまり好ましくなく思う風潮を作り出してしまうという悲劇。そもそも元を辿れば、ソニーだってその設立趣意に書いてあるのは、社会起業そのものなのである。それをわざわざ「社会」起業とソーシャルだの社会だのと飾りをつけなければ経済、ひいては経国済民するための活動が行えないというくらい乖離していること自体がそもそも問題なのであるし、ここでいう社会起業的なマインドを持たずに起業を志すなどという輩は、マネーゲームに参加しているだけの不届き物であると言われても仕方ないだろう。

記号化というのは、功罪あいまみえる機能を持っている。ダライ・ラマも言っていたけれど、メディアに関わる人間は大きな役割があるのだから、方法論をそろそろ見直す時に来ているのではないかとETICさんにはちょっと言ってあげたい。

そういえば、上のキャプチャー、よく見てみたらtext井上英之って書いてあるではないですか。笑。この方、そろそろどこかでお会いすることになりそうな予感がしております。

--

社会起業家 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/社会起業家

社会起業家という生きかた。Hot Wired Japan(Internet Archive Wayback Machine)
http://web.archive.org/web/*/http://hotwired.co.jp/matrix/0202/
| - | 01:50 | comments(2) | - |
全くもって同感です。
この間、Social Film Launch Partyというイベントをやったのだけど
そのときにも全く同じ話題となりました。
http://www.junkoniwa.net/archive/1331/

CSRっていうけれど、企業だってはじめからソーシャルな存在であるべきだし。
このご時世、ソーシャルって言う名前でくくって活動したほうが分かりやすい、というのも分かるがが
ソーシャルって言えば全てOKっていう危険性もともなっているよね。

| koko | 2009/11/05 10:36 AM |
「お金が目的ではないんだ」と「お金がなきゃ続けられないやん」
の間に横たわるバカの壁は、結局乗り越えられないのだろうか・・・
| ふくちゃん | 2009/12/12 10:00 AM |