tamalog

Output and input from 1998 to 2010
このウェブサイトは、2010年末で更新を終了し http://tamalog.me/ に移行しました。
Main
<< デザインは新聞を救えるか? ダカフェ日記と広松木工さん >>
福岡県の「日本一の家具の町」のこと
あれは今を遡ること一週間前のことでした。いつものように西粟倉村にニシアワーの取材のために訪れていた後に、ふと九州に行ってみたくなったのでした。年間に結構な回数、東京から岡山あたりまでは往復しているにもかかわらず、西は岡山以西にはあまり行ったことがなく、岡山駅から新幹線のぞみ37号に乗って、広島を過ぎたあたりでもうテンション上がりっぱなし。とりあえずの目的地は、福岡県大川市。



西粟倉の仕事を始めてからずっと気になっている一冊の冊子がありました。大川コンセルヴと書いてあります。(http://www.okawa-cci.or.jp/conserve/mokuzi.html)福岡県に大川という町があるそうな。その大川市の商工会議所が中心となって始まった、大川にある食べ物と木のコラボレーション事業なのだそうです。もうかれこれ半年くらい前から気になってはいつつ、ここにはなにかあるに違いないという勘でとりあえずは博多に辿り着いたのでした。


今回の旅はかめちゃんと。かめちゃんは、今年の一月に、西粟倉村へ連れていってくれた(より正確には、その西粟倉村に行くための最初の交通費をとってきてくれた)まさにその人であります。彼女によって、ずいぶん大きく運命が変わったと僕は思っているけれど。人材コーディネートでけっこうな確立でクリティカルヒットを飛ばす。そんなかめちゃんの帰省にくっついてきたわけです。




亀田邸のモーニングはホテル並みです。w

お医者さまであるお父さんと、おもてなしの大好きなお母さんにご挨拶を済ませた後、今年新築でピカピカになった、かめちゃんの実家でくつろいでいたときのこと。「ダカフェ日記、っていうサイトがあってねぇ」なんのこと・・・?と思いつつ、そのかめちゃんが昔から大ファンだという、綺麗な写真ブログを見せてもらいました。




ダカフェ日記(http://dacafe.petit.cc/)。いまやデイリー7万PVを誇る、大人気ブログらしい。知らなかった。恐らく九州のどこかにお住まいの、グラフィックデザイナーのお父さんと三人の家族が暮らす、日々の写真集。とてもほのぼの。

「このブログに出てくる家具がとても気になってね。特にこのカラフルな引き出しのついた机」おおっ!これはちょっと気になる。ところでこれ、どこの誰が作ってるのか知ってるの?と僕が聞き返す。「うちの近所のインテリアショップで取り扱っててね」ということでさっそく福岡市内にあるお店に向かう。




あった!




広松木工さん(http://www.hiromatsu.org/)の直営ショップが、亀田邸から歩いて15分ほどの季離宮(ときりきゅう)にありました。かめちゃんが店長さんと小一時間ほど話し込む。

「広松木工さん、大川市に本店と工房があるんだって。」
点と点が繋がった瞬間!こうしてまた一つ文脈が繋がって新しい世界が見えてくるのです。




ところでこのダカフェ日記、やたらと広松木工さんの家具が出てくるのだけれど、一体ナニモノなんだ?


次回へつづく。

| - | 23:28 | comments(4) | - |
うっす。僕の撮ってる写真は、ダカフェ日記と同じレンズを使っています。いいブログだよね。今もちょくちょくチェックしています。それにしてもこのデスク、いいよねえ。
| オージ | 2010/09/27 1:20 AM |
うっす。僕の撮ってる写真も、ダカフェ日記と同じレンズを使っています。w
本体はあっちの方が圧倒的にいいけれど。

このデスク12万くらい。いいね。
| tamachangg | 2010/09/27 1:27 AM |
超有名サイトなので知らなかったとは意外です。
| yumi | 2010/09/27 10:16 PM |
たぶん、木という素材はいままで僕の中で禁忌だったので、あえてアンテナを張ってこなかったからだと思われます。
| tamachangg | 2010/09/27 11:14 PM |